一般歯科

一般歯科・無痛治療

むし歯・歯周病・入れ歯治療と無痛治療

menu08_photo01 むし歯・歯周病・入れ歯などの治療です。
「むし歯」となった所を取る(感染した所を取る)のですが、どこまで取るのかなかなか難しい所です。
当院では紛らわしい場合はう蝕検知液(むし歯の所を染め出す液)やマイクロスコープを使い、丁寧に取り除いています。
無菌的に治療するためにラバーダムをすることもあります。
処置に先立ち、口の中を清潔にしておくことも処置を成功させる上で大切なことです。急いで治療する必要のないむし歯については治療の前にご自分で歯の手入れができるようになるお手伝いをさせていただくことが多いです。
また、当院では痛みに敏感な方、歯医者さんは苦手という方の不安や痛みを和らげる為に無痛治療を取り入れています。

マイクロスコープを使った治療

menu07_photo20 当院ではマイクロスコープを使い歯の状態を見ながら治療を進めます。マイクロスコープは歯科用の実体顕微鏡です。4~30倍まで拡大できます。
むし歯の取り残しがないか、神経の入っている管の入り口はどこか、削った歯の形がどうかこれで確認し、より正確な治療ができます。まずはカウンセリングでご 本人のお気持ち、目標などを伺います。歯や歯肉の状態を正確に把握するための 検査(口腔内写真撮影・X線写真14枚撮影・歯周ポケット測定)を行いしっかり治療していきます。また患者様には歯についての知識と、ブラッシングのテク ニックを習得頂くように説明しております。詳しくは当院で行われている歯の学校をご覧ください。

根の治療

menu08_photo03 治療中の感染を防ぎ、唾液の流入を防ぐためラバーダムという器具を使います。歯の中は暗く、見えにくいのですがここでもマイクロスコープは威力を発揮します。
むし歯がひどくなってその結果、根の治療が必要となるケースがほとんどです。根の治療までやらないで済むようにしたいものです。根の治療は、歯を抜かないように治療するための最終ステージです。再発や抜歯を防ぐために、注意深く細菌を取り除かなければなりません。時間をかけ、何度も通っていただくことになりますが、最後まで治療にお付き合いください。

入れ歯治療

menu08_photo02 自分に合う入れ歯を入れてもその状態を安定させるためにはセルフケアは欠かせません。入れ歯を支えている歯には、大きな力がかかりやすく、残っている歯がだめになってしまうことがしばしばあります。義歯からの過度の力を受けないようにするため、質のいい材料を使いたいものです。横田歯科医院では金属床義歯をお勧めしています。入れ歯だからとあきらめていませんか?精度の高い金属床義歯ならきっと今でと違います。また、噛み合わせが変わったり、支えている歯が良い状態か定期的なチェックが必要です。
当院の金属床義歯について
金属床義歯の特徴は薄く、軽く、丈夫でたわみ、変形が少ないのです。
義歯を仕上げた時が始まりと思っています。長く使ってもらうことが幸せです。壊れたり大きくするにしても修理しながらずっと使ってほしいです。長くお付き合いのある歯科医院では以前作った方の家族の方にも注文を頂くこともあり嬉しく思います。

無痛治療について

無痛治療・笑気ガス 当院では痛みに敏感な方、歯医者さんは苦手という方の不安や痛みを和らげる為に無痛治療を取り入れています。普段から痛みには気を使い、局所麻酔の際にマイコン制御の注入器を使ったり、細い注射針を使用していますが、口の中の感覚は鋭い上に痛みを感じ易い部位だけに不安や緊張を強いてしまう事もあります。
その不安・緊張を和らげるのが鎮静法で、笑気を使った笑気吸入鎮静法と静脈を確保し、ぼーっとさせる薬を使う静脈内鎮静法とがあります。痛みについては局所麻酔を使う事に変わりありませんが精神的に大分楽になります。恐がり、痛がりの方にお薦めです。
静脈内鎮静法の時には出張の歯科麻酔医に来てもらいます。
笑気吸入装置は通常15〜30%の笑気に残りは酸素で、安全にご利用できます。不安や緊張感を和らげリラックス して治療が受けられます。効果が得られるまで時間がかかりますので無痛治療をご希望の方は事前にお申し出ください。