歯を残す治療

歯を残す治療

歯を残す治療

一度削ったり、抜いたりした歯が自然に再生することはありません。治療によってお口の中の問題を解決することはできますが、やはり本来もって生まれた歯を残す事が最善です。「抜く」、「抜かない」の判断は時に医師によっても判断が分かれる場合があります。当院では抜く必要のない歯はなるべく抜かずに、歯を残す可能性を探りながら様々な治療方法を患者さまと探っていきます。自分の歯を残したい、と悩んでいる方はぜひ一度ご相談ください。

歯根分割

歯根分割歯根分割とはむし歯や歯周病で抜歯が必要になった場合にまだ使える歯根を残す方法です。下の奥歯の根は2本、上の奥歯の根は3本足になっています。むし歯、歯周病でこのうちの1本が使えなくなってしまった場合、悪い歯根だけを分割し、まだ使える健康な歯根を残します。

 

歯根分割歯根分岐部は患者さまご自身によるプラークコントロール、医師による歯石除去が難しい箇所です。分岐部病変の進行具合や患者さまの状態にあわせた複雑な治療が必要になることがあります。

歯牙移植

歯牙移植歯牙移植とは親知らずなど「ご自身の余っている歯」を抜歯して、失った部分に移植する方法です。歯を失った部分に十分な量の骨があること、移植する歯の健康状態や形状に問題がないこと、などの条件があります。また抜歯の際にセメント質や歯根膜の細胞を生きたまま移植する事が不可欠です。