無痛治療

無痛治療

当院の無痛治療

口の中は感覚が鋭く痛みを感じやすい部位です。その為、痛みそのものだけでなく、精神的な不安や緊張を強いてしまう事もあります。当院では痛みに敏感な方、歯医者さんは苦手という方の不安や痛みを和らげる為に無痛治療を取り入れています。不安や緊張感を和らげリラックス して治療が受けられるよう、普段から痛みには気を使い、局所麻酔の際にマイコン制御の注入器を使ったり、細い注射針を使用しています。「怖くて歯医者に行けない」「痛みに堪えられるか不安」そんなお悩みがありましたらぜひ一度ご相談ください。当院では、歯科治療が怖い、嘔吐反射が強いという方に安心して治療を受けて頂けるように心がけております。

静脈内鎮静法(セデーション)

静脈内鎮静法(セデーション)歯科治療・手術の際に、点滴で鎮静薬を用いて、ウトウトうたた寝をした状態で処置を受けていただける方法です。緊張や不安感、痛みや音などの不快感のないリラックスした状態で治療を受けることができ、目覚めた時には処置が終了しています。

 

歯科麻酔認定医が全身管理歯科麻酔認定医・専門医が処置中、全身管理を行いますので、安心して治療を受けられます。血圧・脈拍・動脈血酸素飽和度などをモニターで監視しながら、点滴で鎮静剤を使用します。

笑気吸入鎮静法(保険適応)

笑気麻酔(保険適用)鼻から吸い込むタイプの麻酔(笑気ガス)です。笑気吸入装置は通常15〜30%の笑気に残りは酸素で、安全にご利用できます。笑気麻酔は無色でほんのり甘い香りのする麻酔で、体がふわふわするような感覚になり、会話の受け答えができます。吸入から5分ほどで効いてきますので、恐怖心や不安感から解放された状態になります。小児にも使えます。

電動注射器

電動注射器一定の加圧が内蔵のコンピュータで制御されているので、ゆっくり少しずつ麻酔を効かせていくことができます。挿入時の痛みも少なくてすみます。

 

このような方におすすめです。

歯科治療が嫌いな方や歯科治療中に具合の悪くなる方(歯科恐怖症の方)

外科手術の時 (親知らずの抜歯やインプラント手術など)

嘔吐反射の強い方

無痛治療の体験者へのインタビュー

icon_blue
歯科治療のイメージは、小さい頃から歯が悪く、痛くなってから歯医者に行くから痛いところを触られる。削る音と振動が苦手です。歯の治療中は、いつ痛くなるのかということが一番不安ですが、ボワーッとするので、安心感がありました。2時間くらいの治療時間の感覚が、短く感じられ、30分くらいに感じられました。

(静脈内鎮静法での治療を受けることは)安心を買う感覚です。歯は悪くなったら良くなることはないでしょ?とにかく早く治療してください。安心です。