予防歯科とは?

予防歯科とは?

予防歯科とは?

img_illust_yoboushika_001
「再び治療が必要とならないようにすること」病気を発症させない環境を作り、維持する事」が予防歯科の考え方です。一度穴が空いたり、削ったりした歯は、元に戻る事はありません。病気の発症と治療を繰り返す事は根本的な問題の解決にはなりません。
むし歯も歯周病も感染症です。つまり細菌によって病気が引き起こされます。
歯科医院で行う治療だけで原因を取り除く事はできません。また歯磨きなどの自己管理だけで原因菌を100%取り除く事も難しいのです。予防歯科は歯科医と患者さまが二人三脚で病気の発症を0に近づけていく作業です。横田歯科医院では長期に良い状態を維持するお手伝いをします。

 

横田歯科医院の予防歯科

予防歯科とは、虫歯や歯周病を未然に防いで、歯や口を健康に保つ治療のことです。
長期にわたり、良好な口腔内を保つにはご自分で行うセルフケア+歯科医院での定期的なメンテナンス(プロフェッショナルケア)が重要です。

1.精度の高い治療
まずは病気の治療です。精度の高い治療で的確な処置を行い問題を解消します。そして同時に患者さまご本人に自分の現状を知っていただくという事も大切です。
2.セルフケア(自己管理)
生活習慣、食生活といったセルフケアは口内環境に大きな影響を与えます。まず思いつくのは「歯磨き」=歯ブラシによる細菌群(プラーク)の除去です。これをプラークコントロールといいます。しかし一般的な歯磨きでは原因菌の除去率は70%程度と言われています。そこで残っている細菌(歯垢)が悪さをしないようにするのが食事の摂り方です。生活習慣の確立のために何を、いつ、どう食べるか?は大変重要なことです。食事の摂り方はその方の生活に対する考えの現れと言えます。食を通じて節度や団欒、ゆとり、健康感などを培い、食べることの楽しさや有難さを実感するという事も大切です。こうしたセルフケアの仕方もサポートしていくのが私たちの仕事だと思っています。
横田歯科医院では歯磨きをサポートしながら口の中の健康を取り戻すプログラムがあります。自分の体(口)は自分で守るという価値観を養い、お子様には食べることを通じて健やかな成長のサポートを、成人には歯や歯肉のことでなく仕事や好きなことに打ち込めるようサポートしてゆきたいと考えております。
3.定期検診
セルフケアと定期検診は車の両輪です。治療を終え、再発を最小限にするお手伝いをします。
良好な状態を長年にわたって維持するためにお口の状態のチェックやクリーニング等のメンテナンスを行います。