審美歯科

審美歯科

審美歯科とは

審美歯科とは、歯を白くするだけではなく、事故で欠損した歯を他の歯と変わりなく治療したり、目立ってしまう詰め物を目立たない詰め物にしたりと、総合的な歯の美しさを修復する治療のことを言います。保険外治療が多いものの、治療後の満足感は格段に上がるはずです。審美歯科治療には、歯を削らずに白くするホワイトニングと、歯に詰め物や被せものをして歯を美しく白くするセラミック治療があります。

ホワイトニングのホームページでも体験談などを詳しく紹介しています。

審美歯科について

「歯を白くするのは保険で十分だよ」「奥の歯は見えないから別に銀歯でもいい」
このようにおっしゃる方は、まだ多いです。
ほとんどの方は保険での治療が十分な治療だと思っています。
しかし、本当にそうなのでしょうか?
実際に歯科診療をしている側から見ると保険診療に明らかに限界があるというのが実際のところです。保険診療は普及版なのです。
前歯のかぶせ物ですが、保険の「硬質レジン前装冠」は金属の上に硬いプラスチックを貼り付けてあるとういものです。表面がプラスチックですので、平均的には2~3年程度で変色してしまいます。皆さんの周りの方でもいませんか?
変色はしていなくともプラスチックですので天然の歯の色、艶、透明感を出すことができません。ですから変色していなくとも「あっ、他の歯と違うな」と感じてしまいます。奥歯ですが糸切り歯のすぐ後ろの歯を銀歯でかぶせると笑った時にキラッと見えてしまいます。もっと奥でも人によっては見えますし、下の歯だと余計です。人と話をしていて「あっ、銀歯が入ってるんだな」と思うことがあるのではないでしょうか?本人は気にならなくてもそれを見ている人の多くは気になっているのではないでしょうか。
もちろん銀歯でもまったく気にならないという方もいらっしゃいます。しかし、一方で「銀歯は入れたくない」と言う方も多いのです。

審美歯科の症例1(ジルコニア)

DSC_0877 奥歯にものがつまる、口臭が気になる、見た目が気になると来院された患者さんです。
DSC_0465 歯周病治療が済んだ後、前歯に金属を使わないジルコニアで見た目の改善をしました。
DSC_0470審美性が高く、天然の歯と見た目がほとんど変らない為、人前で笑顔になっても周りの人に気づかれることは少ないです。

審美歯科の症例2(メタルボンド・陶材焼付け冠)

瀬戸(陶材)を裏側から金属で補強してあるかぶせ物です。これにより瀬戸の割れやすい欠点を補えます。前からはもちろん金属はみえません。色、つやなど見た目では人工材料では陶材が一番すぐれています。
menu09_img31 写真は前歯に歯槽膿漏のある患者さんです。前歯の抜歯を勧めましたが患者さんの強い希望で残すことになりました。その後18年、メンテナンスに通っていただきながらこの状態でもたすことができました。患者さんもがんばりました。
menu09_img32 しかし、ついに前歯のゆれが強くなり3本抜歯することに。しばらく仮歯をいれていましたが最終的にメタルボンドのブリッジにしました。
menu09_img33 高温で焼き上げるので表面がつるつるで汚れが付きません。(茶碗と同じです。)経年的にも艶や色があせてきません。

審美歯科の症例3(ラミネート)

menu09_photo01 陶材でできたシェルを歯に貼り付ける方法です。
写真のように隙間の開いている歯や変色してしまった歯に使います。表側のエナメル質を0.8から0.5mm削って型をとります。
menu09_photo03 技工士さんに作ってもらったラミネートです。
menu09_photo04 歯と陶材に良く付くセメントで接着します。
金属を使わないので透明感のあるとても綺麗な仕上がりになります。