blog

旬を頂く♪

こんにちは!

横田歯科医院の歯科衛生士、丸山です。

昨日はとても寒かったですね。

寒い日はやっぱり鍋!!

ということで身体の中から温まる、アンコウ鍋を食べました♪♪

プリプリしていてクセもなく、とっても美味しかったです。

そして初めてあん肝ポン酢を作ってみました。

外食でしか食べたことがなかったのでうまく作れるかなと心配でしたが、ちゃんと出来ましたよー!

imageあん肝

濃厚でクリーミー、見た目は悪いですが本当に美味しい!

臭み取りをして、整形して蒸すだけ。

意外と簡単に出来るのでオススメですよ〜(*^^*)

是非作ってみてくださいね。

 

たまにはのんびり☆

足立区北千住の歯周病センターの横田歯科医院、歯科衛生士の和知です。

先週は暑い日があったと思ったら急に寒くなりすっかり秋になりましたね!

気温差が激しいこの季節、みなさま体調は大丈夫でしょうか?

患者様も多くなんだか忙しかった先週。ぐったり疲れて、日曜日は家でゴロゴロしようーと思っていたのですが、起きたらなんていい天気!!

これは出かけなくては!と思い、近所のちょっとだけ有名なパン屋さんへ行き、パンと飲み物を持って公園へ行ってきました。

シートの上でごろーん!

家の中でのゴロゴロもいいけれど、天気のいい日の日向ぼっこは最高ですね!いつも見ないのに雲を見たりとのんびりし、癒されて帰ってきました。

また今週も頑張れそう*\(^o^)/*

 

image


 

子供の歯磨き

足立区北千住歯周病センター横田歯科スタッフブログ  秋山です^ ^

5月にオープンした横田歯科医院。

以前に比べ、小児の患者さんが凄く増えてきました。

そんな中で、仕上げ磨きをしたいのに、歯磨きを嫌がるんです。っと言う声が聞こえたので、ブログで取り上げてみました。

 

まずは、歯ブラシを嫌がるは、なぜでしょうか?嫌がる理由を考えてみましょう。

・痛いから・

歯磨きによる痛みがあるために、嫌がっているのかもしれません。

•口角を引っ張っている

奥まで磨き残しがないように。っと、口角を引っ張り過ぎてはいませんか?

•磨く力が強すぎる

磨く時に勢いよく力を入れ過ぎていませんか?

子供用歯ブラシは毛が短いため、大人歯ブラシよりも痛みを感じやすいそうです。

保護者自身の口で試しに磨いて、力加減んを試してみて下さい。

•歯ブラシの毛先が開いてる

毛先の開いた歯ブラシを使っていると、先端がほっぺたにチクチクと当たり、痛みの原因になる事があります。

また開いた毛先が上の前歯にある、筋みたいなところに当たり、痛みの原因になっているのかもしれません。

•苦しいから

ブラッシングの時には、沢山の唾液が出てきます。お母さんが真剣に歯を磨いてる間、唾液を飲んだり、呼吸する事も子供は、我慢をしています。

磨いてる保護者も息を止め、固くなり、力が入っていませんか?

時々、子供の様子を伺いながら、お母さん自身も、一呼吸してみましょう。

とは言っても、私自身も子供が小さい時には、羽交い締めのようにして大泣きにさせながら、毎日格闘していました。

 

ブラッシングに一生懸命な事は、とても素晴らしい事です。誰でも我が子の歯に、虫歯は作りたくないものです。

でもブラッシングだけ一生懸命してれば、虫歯は出来ないのでしょうか?

 

子供がブラッシングを嫌がるのならば、まずは虫歯を作らせない、口腔内環境作りから始めてはいかがでしょうか。

 

おやつや、ジュースの時間を決めたり、おやつの後にはブクブクのお口すすぎを、してみてはいかがでしょうか。

また、子供に口移しで食事を与えたりしていませんか?虫歯・歯周病は感染症です。つい日常的にやっている事でも、保護者の口移しで、感染してしまうかもしれません。子供の虫歯を無くすことは、家族全員の口腔内環境に取り組む事なのでです。

 

子供のブラッシングを通じて、家族全員の口腔内環境に取り組んではいかがでしょうか?

 

 

 

*根の治療*

北千住の歯周病センター横田歯科医院の勤務医の溝端です。

横田歯科医院では歯周病の治療だけではなく根の治療にも力を入れています。

みなさん、歯医者さんで『根の先が膿んでいます』と言われたことはありませんか?

虫歯を放置して、神経まで達すると根管内まで感染して激痛を伴うことがあります。

img_1818-1

写真は根っこの中が感染して根の先が膿んでいる歯のレントゲン写真です。

根っこの先に膿が溜まって黒い透過像になって写っています。

こうなってしまった時は根の治療が必要になります。

ただでさえ小さな歯に穴をあけて、そこから小さい器具を入れて感染歯質の除去を行います。

みなさんも想像してみてください…手探りで細い根っこの穴に器具を入れて治療を行う難しさを…

ほとんどの歯医者さんでは手探りで根の治療を行っています。

横田歯科医院ではマイクロスコープを使い、歯の状態を見ながら治療を進めています。

マイクロスコープは歯科用の実体顕微鏡で4〜30倍に拡大することができます。

これを使うことによって、根っこの入り口の位置や感染歯質の有無、破折の有無など今まで手探りで行っていた治療がしっかり確認しながら診断し、治療を行えるようになりました。

img_1564

写真は右上の奥歯をマイクロスコープを使って拡大して見たものです。

マイクロスコープを使うと小さい歯の中をここまで細かく見ることができます。

ここまで拡大してしっかり確認しながら治療をするのと手探りで治療をするの皆さんどちらが良いと思いますか?

そして根っこの治療を行うときにもう一つ大事な事があります。

それは治療中の感染を防ぎ、唾液の流入を防ぐ事です。

細菌がたくさんいる唾液の中でのいくら治療を行っても根っこの中の感染を除去する事は出来ないし、再び感染してしまいます。

横田歯科医院では根っこの治療には必ずラバーダムを使って感染を防ぎながら治療を行っています。

img_1812

 

歯科治療の中でもとても難しい根っこの治療。

横田歯科医院ではすべての治療にマイクロスコープとラバーダムを使い、使う薬剤にもこだわって

基本に忠実に丁寧な治療を目指しています。しかもすべて保険内で治療を行っています!!

 

自分の大切な歯…

『この歯は悪くなってるので抜きましょう』という説明だけで失いたくありません。

 

歯は一生ものです。

 

自分の大切な歯、自分の大切な人の歯の治療をどんな歯医者さんで診てもらいたいですか…?

 

電大新築キャンパスは今・・・

来年2月に完成予定の、現在ある電気大学の建物の南側に建築中の建物の現場の写真です。

横田歯科医院の目の前の建物は足立区との共有施設で4階(だったと思う)建てで2階にはトレーニングジムが入る予定だそうです。

建物も道から奥まり、植栽も植えられてますますきれいになります。楽しみです。

道を歩いているとフェンスで中は見えませんが2階からだとある程度みえます。向かって一番右側は通路になるそうです。ビルが完成しても朝の日当りは変わらなそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
1 / 212