blog

子供の歯磨き

足立区北千住歯周病センター横田歯科スタッフブログ  秋山です^ ^

5月にオープンした横田歯科医院。

以前に比べ、小児の患者さんが凄く増えてきました。

そんな中で、仕上げ磨きをしたいのに、歯磨きを嫌がるんです。っと言う声が聞こえたので、ブログで取り上げてみました。

 

まずは、歯ブラシを嫌がるは、なぜでしょうか?嫌がる理由を考えてみましょう。

・痛いから・

歯磨きによる痛みがあるために、嫌がっているのかもしれません。

•口角を引っ張っている

奥まで磨き残しがないように。っと、口角を引っ張り過ぎてはいませんか?

•磨く力が強すぎる

磨く時に勢いよく力を入れ過ぎていませんか?

子供用歯ブラシは毛が短いため、大人歯ブラシよりも痛みを感じやすいそうです。

保護者自身の口で試しに磨いて、力加減んを試してみて下さい。

•歯ブラシの毛先が開いてる

毛先の開いた歯ブラシを使っていると、先端がほっぺたにチクチクと当たり、痛みの原因になる事があります。

また開いた毛先が上の前歯にある、筋みたいなところに当たり、痛みの原因になっているのかもしれません。

•苦しいから

ブラッシングの時には、沢山の唾液が出てきます。お母さんが真剣に歯を磨いてる間、唾液を飲んだり、呼吸する事も子供は、我慢をしています。

磨いてる保護者も息を止め、固くなり、力が入っていませんか?

時々、子供の様子を伺いながら、お母さん自身も、一呼吸してみましょう。

とは言っても、私自身も子供が小さい時には、羽交い締めのようにして大泣きにさせながら、毎日格闘していました。

 

ブラッシングに一生懸命な事は、とても素晴らしい事です。誰でも我が子の歯に、虫歯は作りたくないものです。

でもブラッシングだけ一生懸命してれば、虫歯は出来ないのでしょうか?

 

子供がブラッシングを嫌がるのならば、まずは虫歯を作らせない、口腔内環境作りから始めてはいかがでしょうか。

 

おやつや、ジュースの時間を決めたり、おやつの後にはブクブクのお口すすぎを、してみてはいかがでしょうか。

また、子供に口移しで食事を与えたりしていませんか?虫歯・歯周病は感染症です。つい日常的にやっている事でも、保護者の口移しで、感染してしまうかもしれません。子供の虫歯を無くすことは、家族全員の口腔内環境に取り組む事なのでです。

 

子供のブラッシングを通じて、家族全員の口腔内環境に取り組んではいかがでしょうか?