blog

良い休日でリフレッシュ⭐️

北千住の歯周病センター横田歯科医院の勤務医の溝端です☀️

先日、浅草から水上バスに乗って浜離宮庭園に行ってきました^_^

最近、毎日時間におわれていて休日も家にひきこもってることが多かったのですが、久しぶりに日曜日を満喫できたきがします。

都内にこんな場所があったとは…。

庭園の周りは高層ビルばかりなのにここだけ空気が違う感じでとても居心地がよかったです。

オレンジ色のコスモス畑が一面に広がっていてあまりの可愛さにいっぱい写真撮っちゃいました笑

浜離宮庭園で秋を満喫してその後は浅草に戻りこちらに…笑笑


ホッピー通りで締めくくりました🌟笑

良い休日だったな^ ^

明日からがんばりまーす✨

我が輩の名は、むしばミュータンス。

 

こんにちはー!

足立区北千住にある 歯周病センター横田歯科医院スタッフの非常勤歯科衛生士 イソザキ です。

 

 

ここでは週2勤務なので、たまに「他でも仕事してるの?」と尋ねられることがあります。

ハイ、しっかり週5で働いてますよ〜!

歯科医院以外にも、対外活動として、幼稚園へ歯みがき指導に赴いています。

 

あれこれ練って、子どもたちに楽しく歯みがき好きになってもらえるようなカリキュラムをつくっていまして。

↓ そのひとつ、

「歯みがき大会」当日の、子どもたちの意気込み。(可愛い過ぎる…)

 

もちろん、当日に気持ちがMAX盛り上がるような作戦を立ててマス☆

大会制覇の攻略(みがき方のコツ)チラシをつくったり、プログラムをつくったり、見事大会制覇者への「アレ」をほのめかしたり。。。

 

↑「アレ」。「大会」といったらやっぱり、「アレ」っしょ?

オトナの真剣、紙粘土。

これを、

お天気がいい日に、ゴールドスプレーでメイク。

 

3重塗りくらいすると、オリンピックばり(←自己評価)の金メダル完成。

 

もちろん、授与式、やっちゃっています〜♪

自声での授与式BGM付きで(笑)。

 

 

他にもいろいろなカリキュラムを行っていて、

それは全て、予防への意識を—歯みがきに興味を、一生モノの健康観を、持ってもらいたい想いからです。

 

幼児にも、歯を大事にする意識、ちゃあんと、芽生えます。

そのために、手を抜くことなくゆっくり、一生懸命におもしろく、伝え続けているのです。

 

そんな感じで、ワタシが幼稚園や保育園への指導に向かうようになってかれこれ20年以上になりますが、、、

ずっと変わらず、必要不可欠な重要役割を担ってもらっている「悪者」が居ります。

 

そいつの名は、むしばミュータンス。

「むしばミュータンスのぼうけん」 かこさとし (童心社)

 

この絵本はミュータンスの語り口で進むところがオモシロく、子どもたちの中には泣き出す子もいるくらい、なかなかの動機付けになる内容です。

 

このミュータンスを拝借してペープサート(媒体)をつくり、

声色を変えて「オレ様と仲良くしたい子はいるカナ?」と皆を煽るワケですが、、、

 

幼児の想像力の豊かさと物語への入り込み方は素晴らしく、

「仲良くなんてならないよ!」「友達つくるな!」「あっち行けー!」と、めっちゃホンキに抵抗するのです(たまらなく可愛くて、ついほくそ笑む瞬間w)

そして、

自分が上手にみがけたことがわかると、

「やっつけてやったもんね!」と あかんベーしにきたり

「オレの歯ブラシ攻撃、受けてみろ!」と 殴りつけにきたり(笑)するんですよぉぉ〜〜!!(可愛い過ぎっ)

 

そんなこんなで、既にボロボロなミュータンス。。。

 

 

このたび、数年振りに、新調してみることにしましたよ。

せっかくだから、横田歯科医院にも、住みつかせてあげようと目論み中。

 

 

…ちょっと怖め?

ま、お楽しみに♡(笑笑笑笑笑)

狩野元信 六本木ミッドタウン(サントリー美術館)

こんにちは。足立区は北千住にある歯周病センター横田歯科医院、院長の横田です。

17日(日)雨に煙る六本木のミッドタウンの3階にあるサントリー美術館に狩野元信の展覧会に行ってきました。

狩野元信は狩野派の2代目で狩野派興隆の基礎を作ったと言われる人物です。室町から江戸まで400年間日本画壇の覇者と言われる狩野派。

 

技術もさることながら統率力というか、いわゆるマネジメント能力があった方のようです。

 

漢画の狩野と言われていたのに、自分たちにとっては新しい技術を取り入れ、日本の宮廷絵画の分野にも入り込みます。

 

絵のタッチを3段階に分け、一派を制作集団に変身させてゆきます。

 

私が感心したのは鳥の絵です。特に鶴の羽や足の描写の細かさです。

 

写真で見るのと違い、筆の毛先の細かい線まで見え、それがまたいい感じで木の肌や岩の質感を表現していました。

 

以前横山大観の貂(てん)の絵を見たときも墨の滲みが毛の密集した感じをよく表していると感心しました。

 

 

寺院などの依頼で障子に4枚など書くことも多かったようですが一体何日かかったのでしょうか?

 

 

自分の作品が何百年も経て世に残ると思っていたのでしょうか?

 

美術館を出てからは周囲のお店をウィンドショッピングしました。

 

こだわりの雑貨も多く、集客力のあるところだからこんな風に商売ができるのかなと思いました。

お店の家賃ってどの位なのだろう?

 

 

 

都心の森へ

こんばんは。
足立区北千住にある歯周病センター横田歯科医院の歯科衛生士横田です。

 

すっかり涼しさに慣れた身体にこの2〜3日の暑さはこたえました。
そんな時には近場にリトリート。

 

 

広尾駅から徒歩3分にある有栖川宮記念公園が私の最近のお気に入りです。
都会のど真ん中にありながら敷地が11,000坪あります。
その中に丘があったり、渓谷や池、日本庭園まであります。
こんな都心なのに森があるのです。

広尾という土地柄、外人ファミリーが多く、
ちょっとした海外気分も味わえると言ったら大げさでしょうか。。。

気分良く寛いでいたのですが、蚊に刺されまくりました。
最近の涼しさにすっかり蚊の存在を忘れていました。

 

 

蚊の襲撃から逃れるために、公園の奥にある東京都立中央図書館に逃げ込みました。
ここでちょっと気になることを調べもの。

その中に歯科学の歴史のような本がありました。
紀元前450〜460年に生まれた“医学の父”ヒポクラテスが書いたヒポクラテス医術では、
養生法を最も重視しており、健康の増進は生活の秩序に資すべきで、
規則だたしい生活による健康法があげられてる、とあります。

横田歯科医院でも取り組んでいる”予防”が大事だとその頃から言っていたのです。

その一方で、

14世紀のヨーロッパには、歯医者という職業はなくて、床屋さんが歯の治療をしていました。

それとは別に、歯抜き屋という職業の人がいたとのこと。

歯をいかにうまく抜くかが重視されていたのでしょうか。
今は歯をできるだけ残すために様々な材料や修復技術を発達させているので、そんな専門職があったなんてびっくりです。

横田歯科医院ではなるべく歯を残して健口(けんこう)な生活ができるようお手伝いしています。

お気軽にお問い合わせください。

 

気温の変化が大きいので、皆様もお体にはお気をつけください。

たまには息抜きもいいですよ^^

遅れてきた夏!

こんにちは!北千住歯周病センター横田歯科医院の歯科衛生士、阿部です!

もう8月も終わりあっという間に秋が近づいて来ましたが…

わたしは8月の終わりに横田歯科医院のスタッフ、勤務医の溝端先生と歯科衛生士の和知さん、そのお子さんと東武動物公園のプールに行ってきました!✨

やっと夏らしいことができました😂♪♪

プールだけでなく動物園まで見れてお子さんにはオススメです♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして最近では夏休み分のお休みを頂いて今年2度目の沖縄へ行ってまいりました!最近東京では涼しい日が続いておりましたが沖縄はまだまだ夏日で蒸し暑かったです💦

そして前回初体験で溺れかけたシュノーケリングのリベンジもし、今回は無事溺れることなく綺麗な海や魚たちを堪能することが出来ました😍

今度は是非ダイビングをしようという新しい目標ができました😊笑

さらに、嵐のCMにも使われたというハート岩というものがある古宇利島という場所にも行きました( ¨̮ )

古宇利島へは本島の端っこにある古宇利大橋という橋を渡って行けます⤵︎

 

 

 

 

 

 

 

ご覧の通り橋の周りは綺麗な海が広がっていてドライブにも最高です(^0^)/

皆さんも沖縄に行った際は是非行ってみてください✨

 

さて、9月に入り多くの方の夏休みが終わり、学校やお仕事が始まり忙しい日々をお過ごしだと思いますが、歯に痛みが出たから歯医者に行く。よりも、歯に痛みが出る前に!是非検診にいらしてみてはいかがでしょうか?

横田歯科医院一同お待ちしております( ´ ▽ ` )