blog

ケア用品の陳列


こんにちは!北千住の歯周病センター横田歯科医院 歯科衛生士の井上です!

 

4月になり春を感じる今日この頃です🌸

 

季節も変わり受付周りが変わりました😁

 

みなさんが商品を見やすいようにスタッフが工夫をしてケア用品の並べ方が変わったので紹介します( ^ω^ )

ポップも見やすくみなさんの目にとまりやすくなったと思います!

新しいケア用品も増えました( ◠‿◠ )

気になる商品がありましたらスタッフにお声がけください!

お疲れ様でした!

こんにちは!北千住の歯周病センター横田歯科医院 歯科助手の後藤です

先日、歯科衛生士の阿部さんが3月いっぱいで退職する事になったので食事へ!大好きなエビのアヒージョ!!とっても美味しかったです☺︎約1年半先輩でもありお姉ちゃんの様な存在の阿部さんが辞めてしまうのはとても寂しいですが、沢山の思い出を糧にこれからも頑張ろうと思います!!4月から新しい環境になる方もいらっしゃると思いますがみなさんも頑張ってください☺︎✌︎

院内感染対策

北千住の歯周病センター 横田歯科医院 院長の横田です。

横田歯科医院ではスタンダードプリコーションによる感染予防を日頃から実施しており、

特別な感染対策はしなくてもと思っていましたが、感染をより低めるために取り組んでいることを紹介します。

 

1.換気

待合室の窓を開けて換気しています。

 

また、待合室と処置室にある換気扇は24時間稼動させています。

 

 

 

 

2.室内の空気の清浄化

天井に高性能の空気清浄機を2台設置しています。マイナスイオンによりウィルスも捕縛できると考えられています。

 

本来は冷暖房の温度むらを防ぐために設置したのですが思わぬところで役に立っています。

 

 

 

 

3.手指の消毒

消毒用のアルコールを受付においてあります。

 

ご自由にお使いください。

 

 

 

 

 

4.術前のがらがらうがい

処置に入る前にがらがらうがいをお願いしています。

 

 

マスクはようやく少しずつではありますが手に入るようになってきました。消毒用アルコール、使い捨てのエプロンなども品薄です。

 

こんな状態がいつまで続くのでしょうか?感染の広がりはまだ続きそうです。これを奇禍として世の中いい方向に変わってくれるといいのですが。

あと自分達に出来ることは免疫力を下げずにいることでしょう。食事が大事になってきますね。

皆様もお気をつけて。

 

 

 

こんにちは。北千住の歯周病センター横田歯科医院、歯科衛生士 阿部です。

1ヶ月以上前の話になってしまいますが…

一時期ハマって いちご狩りに行きました!そんなにすごく量を食べれるわけではないですが、あの楽しさがいいですよね笑

この間食べた『あきひめ』という品種のいちごがほんとにすごく甘くて、もう練乳なんていらないぐらい甘くてすごくハマってお土産まで買ってしまいました

今はコロナウイルスが世間では流行してるので少し行きづらいかもしれませんが、落ち着いたらぜひいちご狩り行ってみて下さい!笑

免疫力をあげるためにもお口の中をキレイにしておくことは重要だと聞きます!そのお手伝いをさせて頂くのでいつでも当院にご連絡下さい☺️✨

健康格差

足立区は北千住にある歯周病センター 横田歯科医院 院長の横田です。

 

2020.2月の日本歯科医師会雑誌からのレポートです。

厚労省は「平成30年国民健康・栄養調査」の結果を発表しました。今回の調査では今までの調査項目に加え所得なども調査し、生活習慣との関連を調べました。

 

世帯の所得を200万未満、200から400万未満、400から600万未満、600万以上と4群に分け、食生活、運動、飲酒、睡眠、健診、体型、歯の本数について調べました。

 

その結果600万以上と200万未満で有意な差があったものは

「歯の本数が20本未満と答えた人の割合」

「現在習慣的に喫煙している人の割合」

「健診等の未受診者の割合」

「栄養バランスのとれた食事をしている人の割合」などでした。

 

他の項目では有意な差は無く、2014年にやはり所得別に調べているそうですが差のあった項目も健康格差が拡大している訳ではなさそうです。

ちょっと安心しましたが、歯の本数については私達の職業に関係するところでこの差が縮まるように努力してゆきたいです。