blog

blog

新しいユニット

足立区は北千住にある歯周病センター 横田歯科医院 院長の横田です。

先日15年ほど使った治療台(ユニット・・椅子や削るドリルや水を出すシリンジ、水分を吸うバキュームなど1つにまとまっているのでこの名がついたらしい)を新しくしました。

納期に注文したシートの色が間に合わないと言うのでまずは違う色で入れてもらいました。

椅子だけは注文したラベンダー色です。

入れてみるとこの色でも悪くないのではと思えてきて・・・。

 

しかし、先日注文したラベンダー色のシートへの張替えが完成しました。

 

4月から新人が入ります。その用意でもあります。

 

長く居てくれるのか、成長させられるのか、心配でもあり楽しみでもあります。

4月以降に新人衛生士と歯科医師と皆様へ紹介しますね。

休日

こんにちは!

足立区の歯周病センター横田歯科医院 歯科衛生士の阿部です。

わたしは普段あまり都内に出て遊びに行ったりしないのですが、久しぶりに休日に原宿辺りに行ってきました!

でも休日の原宿の混み具合は恐ろしくて、ちょっと気になっていたタピオカのお店も発見したけれど案の定並んでいて2〜3分並んで諦めました♡笑

でも、アイスモンスターというかき氷のお店には入れてマンゴーかき氷を食べれたのはいいものの、最後の方は寒くなってきて震えながら食べました笑

でもすっごくふわふわで美味しかったし、原宿っぽいものを食べられた気がしてたまには来て良かったなぁと思えた日でした☺️

ジェルボール

北千住の歯周病センター横田歯科医院、歯科衛生士の和知です。

あたたかくなって嬉しいけれど、花粉症の私には辛いこと季節がやってきてしまいました。

ありとあらゆるものに頼って過ごしている今日この頃です。

写真は私の花粉症のお供たち。

 

 

そんな中、最近使い出したのがジェルボール。

なんだか高くつく気がしてなかなか手が出なかったのですが、お試し用を購入したらとてもいい!

洗濯機の洗剤ケースの下にカビが生えることを知ってしまってから掃除ばっかりしていましたが、これなら洗剤ケースに入れずに済んでしまう!!

そして何より洗濯物を外に干せないこの時期、部屋干し用まで出ているなんて!

これから大活躍してくれそうです(^^)

見た目も可愛いし♡

 

お祝い✳︎

こんにちわ!

北千住の歯周病センター横田歯科医院の勤務医の溝端です!

 

先日、昨年まで当院に非常勤で勤めていた下田先生がご結婚され、都内の夜景の見えるレストランでお祝いしてきました(^^)

 

かなり奮発してちょっと大人なレストランへ☆笑

 

久々2人でいろんなことを話して楽しい時間でした!!

 

 

出会って10年。

 

20→30才を楽しいことも辛いことも一緒に乗り越えてきた家族のような下田先生の結婚はとても考え深く、幸せそうな顔が見れて私も幸せな気持ちでいっぱいになりました。

 

 

下田先生の大好きなオマール海老ちゃんを素敵な夜景を見ながら食べた後は

 

 

2人で駅の立ち食い蕎麦屋へ笑笑

 

 

やっぱり。。

 

「私達にはこっちのが合ってるね。笑」

 

 

2人で蕎麦をすすりながら

楽しい夜でした。笑笑

 

 

日本に生まれて、うま味に触れる

 

こんにちはー!

足立区北千住にある 歯周病センター横田歯科医院スタッフの非常勤歯科衛生士 イソザキ です。

 

 

先日、診療室で、

〝ご主人のドライマウスが軽減して味覚が戻ってきた〟患者さんから、

昨年NHK「ためしてガッテン」で放送された昆布出汁(だし)が効いている、という経験話を伺いました。

 

こちらがご紹介した総合病院口腔外科にて、日常できることのアドバイスされたのが〝昆布だし〟とのコト。

「効果が出てきたので、いまも続けているわ」「今では、たまの贅沢が、高価で美味しい昆布を買うという。これが楽しみになっているの」

ですって。

 

昆布だしの作り方/放送内容ダイジェスト

→http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20180704/index.html

 

面白おかしく話してくださるので、笑いながら改善を喜び合えて、

さらに、

「おススメ昆布はコレ!」とご推薦いただけたのが、コチラ

羅臼昆布~っ✨

 

今日、買い物に出かけた先で北海道物産展が開催されていたので、ハッと思い出し寄ってみたところ発見、GETした次第。

 

国産昆布の約9割は北海道産。

羅臼産は、そのうち1~2%しか採れない希少昆布なのだそう!

たしかにスーパーのものよりもお高いけれど、ちょいと折り合いつけて今夜のワインを箱ワインにする算段にし、余裕で買えました♡笑

 

この羅臼昆布、

なにがおススメポイントかって、煮物にしたときのモッチリ度が抜群なんですって!

ワタシは椎茸派(?)なので、昆布はお吸い物に使うくらいしか能が無く…

 なので、使ってみるのが楽しみっ♪

 

とりあえず帰宅早々に、そのまま食べてみると…

 

ぉおお…!

口に含んだ瞬間の、あの一瞬のきゅぅうっという渋酸味はなく(いつものが安過ぎ?)、潮を感じるのにメチャまろやか~ぁ!!

これは…美味しくて、、、ウッカリおやつで終わってしまう気配さえしますっ笑!

 

そういえば

世の主婦の皆さまにとっては当たり前のようですが、ダシは多めにとって製氷機などで冷凍しておくと便利なのですね。

知らなかった~っ

親が毎朝にとっていたから、そういうものだと思っていましたよ~~っ

 

羅臼昆布を紹介していただき、

保存術も伝授いただき、

あとは、ワタシの調理の腕が、結果を生むのみ…

 

…ま、

沢山あるしっ!

楽しみながら、がんばってみま~っす★

 

 

さて、ダシ話の終わりは、マジメに。

 

出汁に関しては、

2013年10月にデンタルダイヤモンド社「歯界展望」にて、

京都大学農学部教授・伏木 亨 先生と所属している勉強会の先生との対談がありました。

歯科における「食支援」「食教育」の可能性

~キーワードは「味覚形成」~

 

というタイトル。

 

5年も前のものですが、食の基本を考えるときにはいつも読み返しています。

健康にとって、身体にとって、大事なものはなにか。

それを かえりみることの出来るこの内容は、バイブルのひとつです。

 

伏木先生の本は多く出版されていますので、

ご興味あれば、手にとり、先生の「食」に対する熱き情熱を感じていただけたらと願います。

 

一般の方への読み易さでいったら、

だしの神秘      伏木 亨      朝日新書 2017.1.13.

https://www.amazon.co.jp/だしの神秘-朝日新書-伏木亨-ebook/dp/B01N1Z38TP/ref=nodl_

 

が、おススメです。

この飽食時代、蔓延する手軽で不健康な食事には、代わりになる美味しいものを提示し続けることこそが教育。

という先生らしい、

軽いタッチで読める、めくるめく出汁の世界が満載な一冊♪

 

ぜひ。

 

 

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

健康管理の基本は、食事。

横田歯科医院では、

皆さまの口腔の健康管理として、食育も意識しております。

歯を大切に、そして身体を大切に。

健診のご予約は

03-3881-3269

まで

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯