blog

blog

歯磨剤選び

こんにちは。足立区北千住にある歯周病センター横田歯科医院の歯科衛生士の横田です。

皆さんはどんな歯磨剤を使われていますか?
患者さんにも「何がいいですか?」とよく聞かれます。

年齢、口腔内の状況、生活習慣などにより歯磨剤を選んでいただけるような簡単なチャートを作りました。

むし歯の考えも
「早期発見・長期管理」という時代になり、
長期管理にはフッ化物入り歯磨剤が効果的です。

2017年3月に日本でも、予防歯科先進国のスウェーデンを始めとする諸外国と同じ国際基準(ISO)のフッ素濃度1500ppm以下の歯磨剤の発売が認められました。
従来のおよそ1.5倍です。

 

 

そして効果的な使い方は

1.適正な使用量
年齢によってハブラシに出す量があります。

2.少量洗口
約15mlの水で1回(5秒程度)
大さじスプーン1杯分
ペットボトルのキャップ2杯分

 

 

1989年より始まった8020運動も定着し、80歳で自分の歯が20本以上残っている方が、2016年には51.2%となりました。
8020運動開始当初は達成者が7%(平均残存歯数4〜5本)だったというのも驚きですが。。。
これからはますます自分の歯で食事ができることが健康長寿の鍵となりそうです。

私たち横田歯科医院スタッフ一同、皆さんの口の中の健康のお手伝いができるようにと思っております。

触れ合い

こんにちは!北千住の歯周病センター横田歯科医院の歯科衛生士、阿部です!

 

この間久しぶりに横浜にお出かけに行く機会がありまして、少し前から気になっていた場所に行くことができてとても満足したので今回はその場所について皆さんにもご紹介したいなぁと思って書きます(笑)

その場所というのは、オービィー横浜という施設です!

知ってる方もいるかもしれません☺️ ここは普段、動物園ではあまり触れ合えないような動物たちと触れ合うことができるテーマパークのような所でした!

わたしが行ったときはちょうど梅雨の時期で雨も降っていたりしたのですが、この施設、MARK ISみなとみらいの中にある完全屋内施設なので雨でも、夏の暑い時でも安心です!✨

ただ、休日は小さなお子さん連れのご家族などで溢れていました😅動物と触れ合える所も時間制なので、中での混雑は覚悟をして行く必要があります(笑)

わたしは日曜日の午前中〜お昼頃に行ったのですが、長いもので90分以上待ち…   久しぶりにこんなに並んで待ちました😂

何個かのエリアがあって、触れ合える動物と見て楽しむ動物とがいましたがこんな感じ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしは鳥が1番好きなのでずーっと鳥と触れ合ってました(笑)満足です♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1番人気らしく激混みでわたしは入るのをやめたのですが、猫カフェのようにたくさんの猫ちゃんたちと触れ合えるエリアもあるので猫好きの方にもオススメです♪

でも平日に行ける方は平日に行くことをオススメします!💦

ぜひ横浜に行った際は寄ってみて下さい😆

 

ドイツ旅行3 いよいよベルリンへ

6月26日(火) 曇り時々晴

モリー号

今までの天気がうそのように暑くなってきて今日は半袖。ハンブルグからバスで2 時間かけてバードドーベランへ行き1886年に造られたSLモリー号に乗車。その後古都リューベランへ。

 

 

 

 

リューベラン。7つの塔が町の目印
13Cに建てられた老人ホーム

ハンザの女王と言われるだけあって美しい町並み。もう少し内陸にある何とかいう町から採れる塩の交易で繁栄しました。ハンザ同盟は13~17世紀にかけて存続したが14世紀に最も繁栄し200以上の都市が加盟していました。
この町には商人たちが身寄りのないお年寄りの為に13世紀に建てた所謂老人ホームが残っていて今も使われています。慈善事業なのだが良い行いをして天国に行くというエゴの産物らしい。壁にはお金を出した商人たちの絵が描かれ入所者は彼らの為に祈ることを義務付けられていたそうです。

この都市の位は高く各国の元首が会議のため来訪しても市長は階段の上から出迎え下には下りて来ない。エリザベス女王が来たときだけ女性と言うことで半分だけ会談を降りて迎えたそうです。昔の矜持が今も残っています。

スーパーマーケットでこまごまとしたお土産のまとめ買い。4時間かけてハンブルグへ帰還。バスでの移動が多く案外疲れる。途中トイレ休憩でドライブインに寄るが大概70セントか50セント払わないとトイレに入れない。

あすは団体を離脱しいよいよベルリンへ。
6月27日(水)晴
朝ホテルにタクシーを呼んでハンブルグ中央駅へ。タクシーは日本のように道で捕まえられるが予めガイドさんを通してホテルで予約しておきました。ベルリンシュークロイツまでドイツ新幹線に乗車。二等席(自由席)にだったので席を確保するまで4人で右往左往。ツアーの予定ではドイツで2番目に美しいとされるシュベリーン城の見学だったのだが仕方ない。

ハンブルグ中央駅

約2時間半の乗車の後駅にてメラグ社のサンドーさんに会うことが出来てほっとしました。

ベルリン市内の歯科医院を3軒見学し午後はメラグ社の工場見学。ドイツでは90%の歯科医院がウォッシャーディスインフェクターを持っているそうです。土日と水曜の午後が休みという歯科医院が多いそうです。最近は複数の歯科医が集まって開業するパターンが多く私たちの見学した医院も全てそうでした。夏休みは医院を閉めずに交代で2~4週間とるそうです。

 

ドイツの助手はまず助手の職業訓練校に3年間通います。その後半年の教育でPMTCが出来る歯科助手という資格が得られ、更に半年(つまり1年で)ポケットに触れる衛生士の資格が得られます。衛生士の給与は平均で25,6万、歯科助手は21,2万だそうです。
衛生士が一日に処置する人数は8~10人、一人大人で1時間、子供で30分ほど。歯科医師も1日15人ほど診療するそうです。もっとゆったり働いているのかと思ってました。
まわった所はベルリンの下町と郊外、そして中心部。どこも開業して2,3年で2,3人の歯医者でやっていました。もちろんすべて個室。広々とスペースをとっていました。

 

診療というより今回は器具の滅菌、保管のシステムについて見学しました。1軒目で歯科助手で器具のメンテナンス担当の方にいろいろ説明を受けました。2軒目では若くてかわいい女性ドクターに話を聞き、3軒目はインプラント専門医で忙しそうでした。ここは衛生士は一人いるか、いないかということでした。

歯科医院の看板、目立たない
滅菌した器具の点検
2軒目の歯医者、母娘でやっている
2軒目の滅菌コーナー
3軒目市の中心部、インプラント専門

午後からメラグ社の工場見学です。医院見学が長引き4時ごろ会社に着きました。社員の殆どはサッカーの試合を見るため仕事を切り上げ、会社が用意したビュースペースへ。シュークロイツ駅前の自社ビルの工場で製品の殆どを造っています。生産工程から検品の様子まで見せてもらいました。
最後に部長室でビデオを見ながら製品の使い方について質疑応答しました。ここで話題になったのはウォッシャーディスインフェクターをかける前に器具をどうするかです。
いままで乾燥すると器具についた蛋白質はこびりついて取れなくなるから乾燥させてはいけないと強く言われてきました。血液など色は落ちても蛋白質は残ってしまうと。それで使用後は水につけて置くようにしています。ところが、6時間以内にウォッシャーディスインフェクターを使うなら洗浄できるから水につけとく必要はないとの返事でした。それでは最後の患者が終わって一晩たってしまうときはどうか、水につけておいて時々錆びて困っていると質問したら、「水につけるなと言っているのではない。6時間以内ならつける必要はない。」
「水でなく蒸留水がいい」との返事。一同顔を見合わせて今まで言われたことは何だったのだろう?とそんな気分になりました。

ホテルまで送ってもらいツアーに合流。ホテルで食事。注文から出てくるまでが遅い!部屋に帰って爆睡。
6月28日(木)晴
午前中は自由行動。昨日案内してくれたサンドーさんに市内観光するなら組み立てるけどといわれたので渡りに舟でお願いすることに。
8時半にホテルに迎えに来てもらいベルリンの壁、国会議事堂、博物館、ブランデンブルク門、大聖堂等など。散歩しながらずいぶん歩いた。川沿いのオープンテラスで昼食。鶏の揚げ物にキヌアとアボガドの添え物。美味しい。スイーツを食べなければなかなかの糖質ダイエットになる。午後はグループに合流し4時間かけてワイマールへ。もとの東ドイツ領内のせいか落ち着いて静かな町。ゲーテとシラーの像が有名。彼らの家も現存している。今回の旅では一番気に入った所です。ホテルの雰囲気もいい。
6月29日(金) 晴
アイゼナハのバルトブルク城へ。ドイツ語でブルクは戦闘用の城、シュロスは居住用の城の意味。ここのお城はルードビッヒⅡのノイシュバインシュタイン城のモデルとなった所で、ワーグナーの歌劇タンホイザーの舞台となった騎士の間、歌劇の間、そして宗教改革で命を狙われていたルターが匿われて聖書をドイツ語訳した部屋(それまで聖書はラテン語で書かれていました)など見所が満載です。1000年以上前から建築が始まり古いところも北ドイツの中でも最もよく保存されているそうです。私たちが言った時は修復も終わり綺麗でした。

バルトブルク城

お昼は麓のクロアチアスタイルのレストランで。ポークカツレツのマッシュルーム添え。フライドポテト付き。そしてデザート。

その後フランクフルトへ戻り11時間のフライトを経て帰国。映画を3本観て、本を読んで、2食食べて、狭いこと除けば充実した機内生活。

時差ぼけはあるのだろうか?

ドイツ旅行2

6月25日(月) 曇り一時雨

昨夜泊まったホテルには犬も宿泊していた。ドイツは動物の殺処分0.ペットショップで動物を買うことも出来ない。飼いたい人はシェルターと呼ばれる飼育施設に行って譲り受けてくる。どうしても自分にあう犬がいない時はブリーダーと直接連絡するらしい。金銭のやりとりがあるかどうかは分からない。犬にも税金がかかる。要はお金があってきちんと育てられる人でないと飼えない仕組みらしい。市内を散歩している犬はそういわれれば行儀がいい。

相変わらず寒くてダウン着用。ハーメルンからブレーメンへ。そうあの音楽隊のブレーメンです。ブレーメンの紋章は赤字に白い鍵です。赤字に白はハンザ同盟の一員であることを示しています。また自由都市なので双頭の鷲が街の門やシンボルに付けられています。
ここで帝国自由都市について説明します。この場合の帝国は神聖ローマ帝国です。いわゆるローマ帝国とは何の関係もありません。帝国といっても地方にはそれぞれ豪族なり、ローマ教会から派遣された司教なり領主がいました。商人たちがお金を出し合い領主から自治権を買い皇帝の命令以外自分たちの自由に決め事をしてきたのが自由都市です。商売も自分たちの決めたやり方で領主に相談せずに出来るのでますます盛んに商売が出来栄えたようです。
安全を確保するために街の外側には城壁や堀をつくり、日没とともに門を閉めていました。
ドイツの都市が円形に広がっているのはその名残です。ドイツに50以上あったそうです。

ハンザの一員でもあり豊かな街だったのでそこで音楽隊でもやれば食べていけるのではと目論んだというのが動物たちがブレーメンに行こうとした理由です。
ブレーメンには第2次大戦当時軍関係の工場があり連合国に市の60%を爆撃で破壊されました。空爆を免れた市庁舎はドイツでもっとも美しいといわれる庁舎の一つです。大聖堂(司教のいる所)も1000年以上の歴史があります。
歩道の車道よりの所に自転車専用道路があり、自転車の行き来が盛んです。もし事故にあっても歩行者が自転車道路にいたなら保障はされないそうです。
コーヒーで財をなした商人がつくったレンガの小路も素敵でした。動物たちの像に触りながらお願いすると願いが叶うと聞いて一応家内と触っておきました。
広場の見えるオープンカフェで昼食をとりドイツ第2の都市ハンブルクへ。

市民広場のオープンカフェ

ブレーメンの市民庁舎

ハンブルグは港町で今でも日本の吉原のような遊郭が残っています。公娼として認められています。ビートルズが一時演奏していた所でもあります。内陸(海から約110kmも離れてる!)なのに港町。港には倉庫群が立ち並び、横浜の倉庫もここを参考にして建てられたとか。因みにハンブルクは大阪と姉妹都市です。

毎日ビールかワイン。ドイツの食事は朝が簡単で昼と夜にガッツリと聞いていたのだが朝のビュッフェが思ったより充実していて嬉しい。ヨーグルトが美味しい!ドライフルーツも盛だくさん。

ハンブルグの運河と倉庫街

あすはバートドーベランにゆきSLに乗る予定。

ドイツ旅行

足立区は北千住にある歯周病センター横田歯科医院 院長の横田です。

先週は1週間休みを頂いて結婚30周年を記念してドイツ旅行に行って参りました。

週の前半はライトダウンをきる位の肌寒さ、それが帰国すると梅雨は開けており、この暑さ!!体に応えます。

 

さて、どうしてドイツかというと昨年6月に医院で使っているドイツの滅菌器メーカーのメラグの営業部長の方が技術者を連れて医院に見学にやってきました。その時にドイツに来るなら工場見学と医院の見学などオーガナイズできるといってくれたので、ついその気になったわけです。

 

ベルリンで自由行動のあるツアーを選び23日に旅立ちました。

 

なぜか家内と仲のよい衛生士の石原さん(モリタでSRPのセミナー講師です)、佐藤さんも一緒です。

 

ドイツは人口8267万人(2016) 日本の0.64倍、面積は357km2日本の0.95倍です。2009年の合計特殊出生率は1.4人で高齢社会であり日本と似ています。

 

歯科医数は約65000人、日本は約102000人。5泊目のベルリンではメラグの工場見学と市内の歯科医院を3件見学します。

 

フランクフルトに着いてからバスでメルヘン街道を3時間半かけて一路カッスルへ。

 

この道の両側は木立が植えられ、両側に農地や牧草地が広がっています。太陽光発電のパネル、風力発電の風車が多く見られました。

 

ドイツは脱原発宣言をしていますが、電力が足らなくなるとフランスから原発で産生した電力をかっています。これってどうなのかな。

 

 

この日はドイツをスウェーデンの試合があり終了間際にドイツが得点して勝利したこともありホテルは遅くまで賑わっていました。

明日から観光です。

 

6月24日(日) 曇り一時雨

 

世界遺産にもなっているカッセルの広大なウィルスヘルムスヘーヘ へ。(ウィルへルムⅠがイタリヤ旅行をした時にみたイタリヤ式庭園が気に入って作らせた所)寒い。ガイドさんからの情報でライトダウンを持っていってよかった。

 

次はまた3時間かけてハーメルンヘ。言わずと知れた笛吹きの街。アウトバーンは青い看板に白い文字。今日は日曜なので大型トラックは走っていない。法律で生鮮食品を運ぶ許可されたトラックは例外。それで大きな駐車場に大型トラックが多く止まっている。

 

走っている車はベンツが一番多く、アウディ、BMB,ワーゲン、たまにアメ車や日本車、フィアットなど。

 

森もよく保存されどこにいっても木がある。森はゲルマンの母という言葉があるらしい。以前は酸性雨のためにもともとの森は枯れてしまったと聞いたことがあったのだが。

 

ハーメルンは第2次世界大戦で爆撃を受けておらず中世の町並みがそのまま残っている。私たちが昼ごはんを食べた所も1600年代の建物だ。ドイツの都市はほぼ皆発展してくるパターンが決まっていて、教会→広場→井戸→薬屋が待ちの中心にある。

 

笛吹きの話は実際に合った誘拐事件らしい。その事件が起こった時に笛吹が止まっていたホテルはいま食堂になっている。その隣の小道はいまもお祭りの時でさえ楽器を演奏してはならないことになっている。

 

事件が起きたのは悲劇だが何百年もあとそれが観光資源になるとは。

ハーメルンの街はねずみだらけ。

街の景観を保つため、いまでもフランクフルト以外は教会の塔より高い建物を建ててはいけないと法律で決まっているらしい。大きな教会では塔の高さが100m以上あるのでそんなには困らないらしいが。

 

 

日曜日なのでやっている店が少ない。キリスト教の考えらしいが労働は原罪の罰として神から与えられたという考え方があり、基本的に土日は仕事しない。普段の日でも残業はなし。

 

今日はゆったりした1日。この季節は夜9時まで明るい。