審美歯科

Aesthetic dentistry

main image

審美歯科とは

審美歯科とは、歯を白くするだけではなく、事故で欠損した歯を他の歯と変わりなく治療したり、目立ってしまう詰め物を目立たない詰め物にしたりと、総合的な歯の美しさを修復する治療のことを言います。保険外治療が多いものの、治療後の満足感は格段に上がるはずです。審美歯科治療には、歯を削らずに白くするホワイトニングと、歯に詰め物や被せものをして歯を美しく白くするセラミック治療があります。


「ホワイトニング」は保険適応外となります。

詳しくは下記リンク先をご確認ください。

ホワイトニングについて詳しく

審美歯科について

銀歯で本当に良いのか?を十分にお考えください

「歯を白くするのは保険で十分だよ」「奥の歯は見えないから別に銀歯でもいい」このようにおっしゃる方は、まだ多いです。ほとんどの方は保険での治療が十分な治療だと思っています。しかし、本当にそうなのでしょうか?
実際に歯科診療をしている側から見ると保険診療に明らかに限界があるというのが実際のところです。保険診療は普及版なのです。
前歯のかぶせ物ですが、保険の「硬質レジン前装冠」は金属の上に硬いプラスチックを貼り付けてあるというものです。表面がプラスチックですので、平均的には2~3年程度で変色してしまいます。皆さんの周りの方でもいませんか?変色はしていなくともプラスチックですので天然の歯の色、艶、透明感を出すことができません。ですから変色していなくとも「あっ、他の歯と違うな」と感じてしまいます。奥歯ですが糸切り歯のすぐ後ろの歯を銀歯でかぶせると笑った時にキラッと見えてしまいます。もっと奥でも人によっては見えますし、下の歯だと余計です。人と話をしていて「あっ、銀歯が入ってるんだな」と思うことがあるのではないでしょうか?本人は気にならなくてもそれを見ている人の多くは気になっているのではないでしょうか。
もちろん銀歯でもまったく気にならないという方もいらっしゃいます。しかし、一方で「銀歯は入れたくない」と言う方も多いのです。

銀歯で本当に良いのか?を十分にお考えください 銀歯で本当に良いのか?を十分にお考えください

リスクと副作用について

icon金属のものより厚みを取るため、多少歯を削る量が多くなります。

icon欠けたり、割れることもあります。

icon歯軋りや噛みしめの強い方は夜にマウスピースを装着しないと欠け・割れの原因になります。

審美歯科の症例比較

硬質レジン前装冠

硬質レジン前装冠

裏側は金属で補強、外側から見える部分にレジン(プラスチック)とセラミックを混ぜ合わせた素材「ハイブリッドレジン」を貼り付けた被せ物です。比較的安価ですが経過と共に変色し、プラスチック部分が欠けることがあります。

ジルコニア

ジルコニア

前歯に金属を使わないジルコニアで見た目の改善をします。審美性が高く、天然の歯と見た目がほとんど変わらない為、人前で笑顔になっても周りの人に気づかれることは少ないです。

メタルボンド・陶材焼付け冠

メタルボンド・陶材焼付け冠

瀬戸(陶材)を裏側から金属で補強してあるかぶせ物です。これにより瀬戸の割れやすい欠点を補えます。前からはもちろん金属はみえません。色、つやなど見た目では人工材料では陶材が一番すぐれています。高温で焼き上げるので表面がつるつるで汚れが付きません。(茶碗と同じです)経年的にも艶や色が褪せません。


「審美歯科」は一部保険適応外となります。

詳しくは下記リンク先をご確認ください。

自費診療について詳しく
診療時間 日・祝日
9:30
〜13:00
× 9:00
〜13:00
×
14:30
〜19:00
× 14:30
〜17:00
×
footer-image