blog

院内研修 症例発表会2020

足立区は北千住にある歯周病センター 横田歯科医院 院長の横田です。

11月20日に午前中の診療はやめて1年に1度の院内症例発表会を行いました。
1年の成長の具合が分かります。自由な演題で一人8分の発表時間、その後のフィードバック10分です。

トップバッターは衛生士2年目の倉田です。「カリエスリスクの高い患者の歯周治療」
以下2番目から磯崎「2020」この1年間で感じた事柄、ガラガラうがいや歯肉の細かい変化のことなどをまとめました。
3番目藤田「患歯の鑑別に迷った症例」どの歯が痛んでいるのか分かりにくい症例を発表しました。
4番目横田「治りにくい歯周病症例」全身疾患があって治癒に時間がかかった患者さんの症例。
5番目井上「口腔内への関心が高まり行動変容が起きた症例」
6番目後藤「最近力を入れて取り組んだこと」
7番目横田有希「全学的治療を行った症例」
8番目和知「根分岐部病変のメンテナンス」
9番目私で「ブラッシング指導を成功させるには」と最近読んだ心理学や人間関係の本の内容をブラッシング指導に結び付け話しました。

あっという間の3時間、楽しい時間でした。みんな成長して頼もしいです。

Zoomでお付き合いのある衛生士さんにも参加してもらい、また21日から一緒に仕事する原先生にも参加してもらっていい緊張感の中発表を終えました。

普段何を考えて治療しているのかいちいち話しませんからいい機会だったと思います。

診療後はちゃんこ鍋でおいしいひと時。

 

ますますまとまりが出てくることでしょう。